只今、HPリニューアル中です。 少しずつ作り替えておりますが、まだ掲載できていない情報やリンクの不備が一部ございます。

リニューアル完了迄ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

リニューアル前のHPはここから閲覧できます
つもありがとうございます!

ここのところずっと、少〜しずつですが、
マレーアHPのリニューアルを進めています。

で、サロンご案内ページの、リニューアルが終了しました。


ご連絡1:
お手数ですが、以下のリンクから、貴店情報ご案内ページに訪問してみてください。

同じウィンドウで開く:
サロン一覧:都道府県
サロン一覧:神奈川県内

新しいウィンドウで開く:
サロン一覧:都道府県
サロン一覧:神奈川県内


そして、特に、貴店のお電話番号をご確認ください。

*なお、電話番号リンクは、スマホだとタップすると直接電話できます。
*パソコン等の場合は、クリックしても文字色が変わるだけに設定しております。

記載している番号と、タップ時の番号に、設定間違いしている可能性もあります。

ですので、書いてある番号だけでなく、
スマホからのアクセスでタップしてみてください。
そして、正しい番号が表示されるか?までご確認頂ければ幸いです。

もしも不備がありましたら、申し訳ありません。

その際は、お手数ですが、間違いの旨、ご一報くださいませ。

また、マレーア施術記事掲載をされている場合、
「パートナーサロン」と認定させて頂いております。

同じウィンドウで開く:パートナーサロン一覧
新しいウィンドウで開く:パートナーサロン一覧

もしも、記事アップはしているけど、上記に記載の無い場合も、ご一報くださいませ。


ご連絡2:
「KIWAMI(極)」というステイタスを作りました!

これは、マレーアの新製品:
GOKUURUヘアパックを採用している場合に明記しております。

GOKUURUヘアパックは、
*キューティクルの保護・補修
*毛髪強度改善
*滑り性改善
等の効果を得られます。

もちろんトリートメント的効果も強いのですが。

狙ったのは、サッパリとシットリの両立。
それと、毛髪表面の触り感の向上です。

ケミカル好きな人がよくいう、
毛髪保護の肝となる「F-layer」層の改善が期待できます。

先行導入された皆さんにお聞きした感じでは、
プルキラとのダブルトリートメントで、もの凄く効果を感じられるようです。

全体像としては、通常どのメーカーでも、、
トリートメント的な製品って。。

*保湿をとるのは、あくまで「油性成分等」
有効成分的に、前面に出すのは、「低配合」
・・という感じの構成なのです。

もっとも、この油性成分自体、進化して来てるので、
感触とかは向上していってるわけです。

けれど、やっぱりそこは、油分は油分。。

シットリさせれば、サッパリはしない...
たぶん、この辺りが、ミコノスとかでも、
限界だったラインなのでしょう。。

で、手前味噌ですが。。。(^_^;)
マレーアでは、ここを逆にしてってるわけです。

保湿自体を、有効成分でとる、、という発想です。

さらに、この、従来と逆のベクトルを、
GOKUURUでは、他製品よりももっと深めた!
ってイメージでしょうか。

成分的には、下の方に青字で記しましたが、
「成分」をみてしまうと、実は他社製品も、
それほど変わらなくなってしまうのです...

それは、たとえ1回50万円するトリートメントに使う製品であっても、
数十万のヘアケアコースに使用する薬液であっても、同様です。

...そう。「変わってくる」のは、実はこれらの配合量だったり...
どの成分をどのくらいずつ、どのように入れているか?
という「ミックスするセンス」というところになってくるわけです。

よって僕は、成分うんぬんを語るのは、
実は「ちがいをわからなくする」のと同義だと捉えています。
なので、実際、僕があまり成分的なアプローチを取らないのも、
ここに依ります。

(でも、成分特性を知りたいひともいるので、後部に表記しておきます。)

つまり、「成分」からアピールしようとすると、、
同様の物を入れた商品だらけ。。
巷には、おんなじようなもので溢れているわけですね。。

では違いは?というと、、
ようは、配合「量」であったり、、

実は、多くの皆さんが嫌う、
「シリコン」の中で、
では何をチョイスするのか?ってところだったり、、

ソープとかでは、
そもそもの洗浄基剤となる「界面活性剤」のところで、
いかに刺激性の無いものにこだわれるか?
だったりしてくるわけです。。

でも、ここを掲示して競争し始めると、
ケミカル君たちの、格好の餌食になる面もあるわけです。。

彼らは、一見したら整った
「偽りのロジック」で攻撃して来ますからね...

一方僕は、それほど詳しくないですから。。
負けちゃうわけですね。

ケミカル的に詳しいと、
たとえ間違った理論であっても、
それを、正しくみせかけることはカンタンになってくるわけですね。。

実際、ミコノスの時代も、
ミコノスを一度も実際に使った事なんてないケミカル野郎が、
自身のブログで、
「たいしたこと無い、ありふれた商品」
などと結論づけてましたからね。。

彼のロジックはこんな感じなのです。

まず、全配合成分を表して、分析する。
そして、その成分の、あまり最高で無いものをスケープゴートにする。
「○○○を入れてるのはギモン」ってマイナス査定するわけです。

そして、全体的にみたら「ありふれた配合だよね」
という具合なのです。。

これ。一見ロジックに矛盾がなく見えます。

けれど、実際は実は、矛盾だらけ、なんですヨ。。

☆配合「成分」はわかっても、
それぞれの配合「量」はわからないこと。
及び、だから、彼自身の意見は、
あくまでも参考意見程度にしかなり得ないこと。

☆最終的な善し悪しは、あくまで、
商品そのものを検証してみない事には全くわからないこと。

これら2つの事実への言及が、一切ないことが、
まぁ、いやらしいやり方だなーと、僕は感じるわけです。

この2つが明確化しないと、
そもそも、分析なんてできっこないわけです。

でもまあ、、化粧品は、ここまで各社、
出す義務はないし、そこは各社の「企業秘密」です。

そこで特長を作っていく面が、多々あるわけですからね...

つまり、事実を厳密に言えば、
化粧品の善し悪しを客観的に分析し、
点数や順位付けするなど、100%不可能
・・なわけです。

実際、マレーアを完成させていく過程で、
何度かパートナーサロンさんにテストして頂いたわけですが、
改良していく過程で、
「前のサンプルと、今回のサンプルで、配合成分自体は全く変えていない」
「比率をいじってみただけ」
ということがあったわけです。

それでも、
「全然、前のサンプルよりよくなった!」
という現象に遭遇したわけです。

これ。。
ケミカル君的思考だと、全く説明できないわけです。

イコール完全な「論理矛盾」いや、「論理の崩壊」です。

上の「分析サイト」みたいなのは特に、
自身が理系でてたり、実際、
どこかの製造工場の研究員だった経験とかがある奴がやってるから、
ものすごく始末が悪いのです。。

詳しいが故に、捻ったロジックを展開できますから...
色んなメーカーの商品を、
ああでもない、、こうでもない、、と言った挙げ句。。。

最終的に、完全体の製品を誰も作れない。。
けど、俺から出来る!
だから、「自分が作ったよ!」と..

自分自身が作った商材へと「誘導」していくのです。。

しかも、途中に、これは結構いいよ。
これは、買ってもいいよ!使ってもいいよ!
・・という商品の紹介を絡めるんですね。。。。

「全製品を否定」するよりも、
一部肯定製品も含むことで、
彼の「分析眼」に、信憑性を出す事を演出するわけです。。

で、、悪質だなーと僕は思ったのですが。。

結局これ。この推奨してるの、、

何のことは無い、アフィリエイトして自分が儲けてるわけですよ。。

ちなみに、「アフィリエイト」とは、
「紹介」して、紹介料を取るってやつです。

単純にリンクをつけておけば、
リンク先のサイトの方で、どのサイトからの流入か?
わかるようにシステムを組んでいるわけです。

で、その紹介先から流入した人が商品を買ったら、
その、紹介したひとに、手数料が入るって仕組みです。

ひと昔前迄は、こうしたアフィリエイトだと、
流入した際のアドレス表記が、
流入元の「ID」とかついて、やったら長くなってたのです。。

だから、この仕組みを知ってるひとは、
この制度が気に食わなくて、でもその商品が欲しかったら、
アクセスしているIPアドレスを変えて、かつURL打ち直して入ったら、
紹介手数料は彼に落ちなくできたのですが。。

まあ、そこまでやるひとはほぼいませんから。

うまいひとだと、これで月数百万稼いでいるようです。

今は更に進化して、アドレスバーに出るURL自体変わらなくても、
IPアドレスが変わったとしても、
当初の紹介元がわかるシステムもあるようなので。

凄いですねー。。。

グーグルのアドセンス広告なんかも、この一種ですけど。
あれは、あからさまに広告ってわかるわけで。
アフィリエイトとは、ちょっと違う気がします。

で、この紹介料。。
バカになんなくて、商品によっては、正直言うと、
マレーアの、サロンさんの利益率より高いのもあります。

まあ、カラクリ的には、製造コストがものすごく安い
(=高い価格設定をし過ぎ=ユーザーさんや中間業者さんの負担増)
からこそ、高額アフィリエイトも設定出来るわけでしょうけど。。

「一種のマルチ商法?」と思えるものも、あるわけです。

もっともこの彼は、頭のイイひとなのでしょう。。

「マルチっぽいニオイ」が漂う商品は、
一切「推奨商品」にしてないのです。

「やり方がうまいねー」と思わず唸るほどです。

でも、多少は成分を勉強してるひとがみれば、
推薦してる製品と、ぶった斬った製品の、
「判断基準」がまったくもって不明。

よって、彼のロジックが通らないことに気づくわけです。。

しかし、多くのユーザーさんはわかりっこないですから...
彼の判断が、「正しい判断」と騙されてしまうわけですね。。

てなわけで、長くなりましたが、
ケミカル的なアプローチをしてしまうと、
「本質」もわからなくさせちゃうので、
僕はこれを、あまりやらないわけです。

そして、、

実は、ケミカル美容師よりも、断然成分に詳しい人がいるんです!

それは、化粧品製造の現場に居る、研究員なんですヨ。

彼、彼女(実は、マレーア製品の大半を担当してくださってるのは女性です。)らは、
大学の理系学部出身です。

僕みたいな文系人間とちがって、
若い頃から結構しっかり勉強して来てるひとたちです。

しかも、こうした会社に就職してるわけです。
そして、来る日も来る日も、成分研究や化粧品開発をしてるわけです。

当然、他社、そして成分供給各社とのつながりも多いわけです。

だから正直言って、僕らや、美容師さんよりも、
「最新情報」なんか、いっぱい、早く入って来てるわけです。

美容師さんや僕らメーカーやディーラーの「ケミカル君」って、
結局は、本業は美容師や営業マンですから。。
毎日、成分研究以外のことで忙しいわけです。

いっくらガンバって勉強したって、
化粧品製造会社の研究員にかなうわけないわけです。

一方は、元々理系の人間。
かつ一流大学でその分野を専攻していて、
さらに、現在もその分野の仕事に日々従事している。。

一方で、美容師や営業マンをしながら、
開いた時間で、勉強している。。

あなたはちがうかもしれないけど、、
僕などは、そもそもの理系的な「頭脳」からして、
彼らよりも全然劣ってるわけです...

そして当然、その面の人脈も、雲泥の差。

となれば、本職の人の意見の方を、
「聞くべき」「採用すべき」だと僕は考えてます。

知ることは当然いいことだけど。

営業マンや美容師が、自分の知識を、
研究者よりも「上」と思い込んでしまったら、、
その人間はもはや、逆に、
「素人以上に盲目である」といえるのでは?
ぐらい彼自身にとってマズい状況だと、僕は思っています。

その彼は、「裸の王様」ですよ。

そして、日々研究しているひとたちが現在、
僕たちマレーアの「ブレーン」になってるわけなんですよ。

だから、僕がこの分野について。
深く深く学んで、ケミカリストになるなんて事は無意味だし。
出来るわけもない、と思ってます。

だってそれやったら、営業したり、
こうしてあなたにメッセージ書いてたら、、
その時間は、確実に「ムダ」になっちゃいますからね。。

というわけで、僕は、全面的に、
今の取引工場の優秀なスタッフさんを信頼している、というわけです。

これが、ケミカル的な事にこだわって表記することを、
僕がほぼやらないひとつの理由なのです。

いずれにしても、手前味噌ですが、GOKUURUはいいですよ〜☆

で、このGOKUURUでの工程を加えることで、例えば料金アップとかも可能かな?と。

(もちろんそこには、それなりの告知、
宣伝を加えてこそ、より一層、効果が期待出来るわけですが。)

これらユーザーさんに見せるべき資料も、
ウチの夏休み前迄には、作成予定です。
といっても、1ヶ月半先ですけど。。

色々すべき事がありまして、、時間を頂く事をお許しくださいませ。。
m(_ _ )m


また、もうひとつお願いなのですが。。
「マレーア」と「レナータ」。
この概念を、今迄と「逆」にしてください!

*といっても、
記事を出してくださるサロンさんは、
大抵両方使ってくださってるので、
それほど混乱は無いと思いますが…

「マレーア」の明記は、
☆チェンジウォーター
☆リンクウォーター
☆シフトクリーム
のうち、最低2つ以上を使用した施術である場合。

「レナータ」の明記は、
☆ソープ2種のうち、最低いずれか
☆PURUKiRAトリートメント
☆ムーブスト
以上のうち、最低2つ以上を使用した施術である場合。

これら、両方ともクリアしている場合、
「マレーア・レナータ○○○」とご提示頂ければ、有り難いです。

さらにここに、、
「GOKUURUヘアパック」にて、
PURUKiRAとダブルトリートメントを実施した際は、
「KIWAMI(極)」工程をプラスしたことを、書き加えてください。

まだ、具体的なページ作成に至ってません。

ですが、追って...
☆マレーア各製品と各施術の概要WEBページ
☆ユーザーさんへ渡したり、お店に置ける資料作り
☆これら資料のWEB掲示
・・と、進めていく予定です。

「急いては事をし損じる」
わけです。

ですので、ラポールとして、
きちんと資料が出てから、
『KIWAMI(極)』の出し方、表し方を、
皆で練っていってもいいかな?とも思ってますが。

いずれにしても、
こうしたスケジュールにて。
マレーアサロンさんの
施術のクオリティーの高さを、告知して行く所存です。

ゆっくりとしか進められませんが、、
「前」に進んでいるのは事実です。

これら全て、貴店のご協力があってこそできることです。
心より、感謝と御礼を申し上げます。

そして、今後とも、ご協力をお願いいたします。

ラポール/荒井克博


=GOKUURUヘアパック成分特性=
◎ダメージ部を強力に保護する「肝」といわれているのが、 「18-MEA(メチルエイコサン酸)」。キューティクルを強力に保護している成分です。 しかしこれは、熱やカラー、パーマなど。カンタンに損傷してしまいます。 そしてもちろん、自ら再生することはありません。

その、キューティクル表面の「18-MEA」を補うキューティクル改善成分を、豊富に、濃く配合したのが、GOKUURUヘアパックの最大の特長です。

具体的には、「ラノリン脂肪酸」(分岐脂肪酸、脂肪酸)という成分です。
ですかこれ。実は結構様々な製品に使われています。

けれど、配合している「濃さ」がちがうのです。

ある一定の配合%ラインを越さないと、ほんとうに効果的では無いし、触感とかには影響しないのです。
つまり、使用感に直接的に影響するレベルまで、この成分を製品に入れ込めたか?否か?
ここで、大きな「差」を付けたつもりです。


そして、、
☆「シットリさせて」かつ「軽い仕上がり感」をもたらせて、「サッパリ」させる。
☆しかも、ベトついたような感じも残らない。
☆だから、重い感覚も残らず、頭皮はスッキリした感覚を保っていられる。
☆さらに、髪表面はツルツルで、まるで、赤ちゃんの髪に戻れたようだ。

という感覚を得られるよう処方したのが、GOKUURUヘアパックの特長です。


◎そのためには、美容界ではずっと「かなり効果有り!」で通ってる「PPT」。
もちろんこれらも、豊富に入れ込んでみました。

エンドウタンパク、ダイズタンパク、コンキオリン(アコヤ貝)、ケラチンなどの配合成分は、PPT成分なのです。

また、ホホバオイルなど。艶、強度向上、保湿、細胞活性などに効果を発揮できるような成分も配合しました。


◎ユズセラミドも特長に挙げてよいと思います。

ブリーチ毛で損傷したダメージ修復・改善のデータもある効果的な成分です。
ユズセラミドは、肌のバリア機能改善効果も有してますので、地肌活性、育毛、肌荒れ改 善にも効果を発揮していきます。


注意が必要なのは「ユズ果実エキス」と、ユズ由来成分は、どれも同じ名称で表記されてしまうところです。
ユズセラミドでなく、単なるユズエキスだと、効果は大幅ダウンしてしまうので。。

もちろん「GOKUURU」は、レッキとした「セラミド」を配合してますのでご安心を!


◎「何が何でもオーガニック」「天然成分以外は悪」というひとは無意味に嫌いますが...
GOKUURUへアパックが強力にキューティクルを保護・補修するのはラノリン脂肪酸だけの働きではありません。
クオタニウム-33、ハイプリッドポリマー等カチオン性の有効成分や、アモジメチコンなど。ほんとうにコンディショニング効果の高い成分を、いわば「風説の流布」に囚われる事なく配合しました。



◎これらの効果的成分を、GOKUURUヘアパックは豊富に配合し、髪の芯から表面まで。
美髪作りとしなやかさの復活を、強力にサポートしていきます。